故人と安心して別れるために散骨業者を選んで決めよう!

散骨業者を厳選するために選び方のポイントを押さえておく

散骨とは

大切な家族や親族がお亡くなりになられた場合、葬儀を開くことが一般的ですが、最近では「散骨」をについて検討している方も多いです。散骨とは、遺骨をお墓に埋葬するのではなく海や山などの場所に遺骨をまいて、故人とお別れする葬送のことになります。

散骨の流れ

家族で話し合い

まずは、ご家庭や親族の間で散骨することを話し合って決める決めるといいでしょう。話しにくいという場合には散骨業者に相談し、ご家庭、親族間へ説明してもらうといいです。その上で、遺骨を全て散骨してしまうのか、一部を残すのかを決めて散骨業者に依頼するといいでしょう。

プランを決める

出航場所・日時、散骨海域、または料金などによってプランを選択していただきます。この時に細かい要望があれば、散骨業者にお気軽にお問い合わせください。また、遺骨の一部を残す場合、手元供養品の取り扱いをしているかどうかも聞いておきましょう。

必要な書類を提出

申し込みには、所定の申し込み書・同意書が必要になってきます。申し込み書・同意書の入力フォームは各散骨業者によって様式が異なりますが、決して難しいものではありません。また、故人の身元確認するために、施主様の身分証明書の提出が必要な場合もあります。

引き取りから散骨

散骨業者が遺骨の入った骨壺を引き取りに伺い、預かった遺骨をパウダー状に加工します。そして、出航場所に集合して乗船し、散骨式が執り行われます。散骨式では、進行担当からの挨拶後に船上から散骨を行い、最後には献花・献酒・黙祷をして終了になります。

故人と安心して別れるために散骨業者を選んで決めよう!

葬儀

複数の散骨業者を比較する

神奈川で散骨業者に依頼する場合、インターネットやスマートフォンなどを活用し、複数の散骨業者を比較しておくといいでしょう。散骨業者によって、散骨場所や出航場所、サービス内容などが異なります。散骨を安心して任せるためにも、ご自身やご家族の希望にある業者を選びましょう。

散骨費用について確認する

また、散骨業者選びに悩んでいるのなら、散骨費用についてもチェックしておきましょう。散骨する際には遺骨の粉骨費用が必ず必要で、その他にも業者がご自宅に伺うための交通費、船のチャーター料、散骨儀式などあらゆる費用が発生します。安い業者がいいとは言えませんが、予算を組む上でも費用は必ず確認しておくべきです。

ルールやマナーを守っているか

散骨には葬儀同様にルールやマナーがあり、それらを自主的に守っている業者を選ぶことが大切です。いくら大手の散骨業者はいっても、過剰な演出はマナー違反でご来賓の方に不愉快な気持ちにさせてしまうかもしれません。そのような事態にしないためにも、ルールやマナーに配慮している業者を選ぶといいでしょう。