遺品整理に関連する記事

葬儀

故人と安心して別れるために散骨業者を選んで決めよう!

「散骨」とは何かご存知でしょうか。散骨とは遺骨をお墓に埋葬するのではなく、故人との思い出がある海や山などの場所にまいて葬送する日本では比較的新しい葬儀スタイルになります。

READ MORE

散骨が選ばれる理由

no.1

お金がかからない

散骨自体には粉骨、散骨費用がかかりますが、お墓を建てるよりも遥かに費用を削減することができます。そのため、今では葬儀に散骨を選ぶご家庭が増えているのです。散骨にかかる費用としては大体数万円から十数万円程度とされています。

no.2

居住地を自由に選べる

お墓を建ててしまうと墓参りなどの理由によって、お墓のある場所から遠くへ移住することは困難です。ですが、散骨ではお墓を立てずに遺骨を海や山などの場所にまくので、地理的な制限を受けずに居住地を自由に変更することができます。

no.3

墓地や霊園に関係しない

墓地や霊園は市区町村による許認可性ですから開設にあたっては厳しい財政チェックが行われるものの、現代の経済状況の著しい変動によって破綻してしまうところも存在しています。しかし、散骨の場合、そのような問題が起こらないため、最近では葬送として選ばれているのです。

遺品整理をスムーズに行なうためのポイント

貸し物件は期日までに

故人が貸し物件に住んでいた場合、不動産会社や大家さんと相談し、部屋の明け渡しをいつ行なうのかを決めておきましょう。当然のこと、早めに明け渡しすることがおすすめですが、都合がつかない場合には明け渡しの期日までに遺品整理を行なうといいです。

形見分けと遺産分け

残すものと区分された形見や遺産は、親族間でどのように分けるのかを早めに決めておくといいでしょう。特に、故人が大きな資産を持っていた場合には、親族間でトラブルになってしまうケースもありますので、できれば故人が亡くなる前に分配方法を決めておくといいです。

貴重品をまとめておく

「銀行の通帳、キャッシュカード」、「年金手帳や年金に関する書類」、「生命保険、損害保険など各種保険に関する書類」などの貴重品は今後、法的な対応が必要になってくる可能性が高いです。そのため、なるべく貴重品から遺品整理を進めておくといいでしょう。

処分するものを細かく分ける

遺品整理する時にはすぐにゴミと分別しやすいですが、処分するものはできるだけ細かく分けておくことが得策です。例えば、最初に処分すると決めたものでも、後々から価値があることに気づくこともあります。仮に壊れて使えないものであっても、リサイクルショップで引き取ってもらえるので、ゴミとして処分しないようにしましょう。

遺品整理を専門業者へ依頼する

仕事や家事などによって遺品整理の都合がつかない場合、遺品整理を専門業者に委託するのもいいでしょう。専門業者なら、不要なものと必要なものをスピーディーに区別してくれるので時間もかかりません。また、面倒な手続きなども代行してくれるので、手間をかけずに遺品整理が行えます。

[PR]神奈川で散骨してくれる業者!
ペットの供養も対応してくれる

[PR]刑事事件は弁護士に対応してもらおう
実績豊富な事務所を厳選紹介!

[PR]家族葬なら平野区の業者にお任せ!
低価格のプランを提供中!

[PR]交通事故の慰謝料なら弁護士を通さず請求しよう!
必要なノウハウを解説!

[PR]遺品整理なら富山の業者に依頼
思い出の品を丁寧に片付けてくれる♪

遺品整理を業者にお任せ!家族葬や散骨が選ばれる理由とは

相談

家族葬と散骨

平野区や神奈川では故人のために真心込めた家族葬や散骨を行ないたいという方も多く、葬儀の専門業者に依頼するご家庭も増えています。これらの葬儀はプランや業者によってサービス内容が異なりますが、どの業者も故人とご家族様のために丁寧に葬儀を執り行ってくれるため、安心して葬儀を任せられます。

また、大阪や富山では故人との別れに気持ちを整理するために遺品整理業者を利用する方も大勢いらっしゃいます。遺品整理業者では、故人の住まいの清掃から遺品の仕分けまで幅広い分野で対応しています。そのため、故人との形見や貴重品をきちんと仕分けしたいという方は遺品整理サービスの利用を検討してみるといいでしょう。

交通事故の問題

故人が交通事故で亡くなった場合には、遺品整理以外にも様々な手続きを行なう必要があります。特に、慰謝料が発生するような事件の場合、弁護士を雇い示談交渉に臨みましょう。しかし、弁護士を雇うお金がないという場合、ネットを活用して交通事故を専門としているコンサルタントに相談してみるといいです。

コンサルタントでは、交通事故に合った被害者のために慰謝料や示談を独自のノウハウによって、有利に進めてくれます。だからこそ、最近では弁護士を雇わずにコンサルタントを雇う方も多いです。